面接の練習の仕方

面接の練習はどうするか?

就職での面接を上手くやるコツはなんといっても「焦らない事」です。

 

焦るとそれまで上手くいっていたのに、一度「失敗した!間違えた!」と思ってしまうとそれをずっと引きずってしまったりもします。

 

練習するとしたら、どういう練習が良いかをここに挙げていきます。

 

聞かれそうなことを列挙する

まず焦らないコツは、答えを考えておく事。

 

想定外の質問がやはり焦りますよね。

 

思いつく限り頭をしぼって聞かれそうな事柄を書き出してみるのをオススメします。

 

さらには友人、知人などにも聞いてみるのも良いと思います。

 

自分だけで想定すると考えが偏るので他人の予想を聞くと「え?そんな事聞かれるかな?」というような予想が出てくるかもしれません。

 

スーツを着て椅子に座るまで

ばかばかしく思えますが、けっこう有効です。

 

この着慣れないスーツと言うのがやっかいなんです。

 

最初につまづくと済し崩しに緊張してしまい、普段の半分も喋れなかったりします。

 

面接の数日前にスーツを着て一日過ごしてみると、思いのほか慣れます。

 

その時にノックして椅子に座るまでの動作も確認しておくと、当日の緊張はかなり楽になりますよ。

 

トップへ戻る