就活での上手な応募の仕方

会社への応募、エントリーの仕方について

求人の応募

就職への応募はどんな方法で行うか。これも応募の仕方によっては、採用率が変わります。雑誌にネット、ハローワーク色々ありますよね。新卒なら大学の就職課や合同説明会でしょうか。ここで少し探し方と応募の仕方について書きます。

 

募集してなくとも、入りたい会社には聞いてみて損は無し

大会社の場合、システムが決まっているので該当しませんが、中小企業や個人経営のショップの場合、いいなと思った会社やお店があれば、ダメ元で「現在、求人募集はしていますでしょうか?」と聞いてみて損はありません。求人募集は出してなくても「もう一人欲しいな」と思っているかもしれません。

 

また、求人しているか聞いてきた人というのは、会社側から見るとあきらかな好意です。これは相当プラス。通常だと、いくら志望動機を言われても、どこまで本気か解りませんから(苦笑)そして運が良ければ、その時に求人はしてなくても、次回求人の際にはご案内を送りましょうか?と言われるかもしれない!実際、私の会社ではそうしてます。中小企業はいつだって、いい人材が欲しいのです!(笑)

 

郵送ならば持っていく!

最近では、もっぱら「申請はネットのみ」って会社が多いのですが、書類審査が郵送の場合、自分の足で持っていった方が得です。なぜって・・・

  • もし人事担当者に合えたら、印象に残る!
  • 一度会社に行っていると、実際の面接で緊張しなくなる!

 以上の2点で有利です。忙しいときに行くと嫌われるのではないか?と不安に思う方もいるのですが、それは心配ありません。私や私が知っている他の経営者さんにしても、会社に志願者が自ら履歴書持ってきたら、「お?じゃあちょっと会おうか?」と思っちゃいます。わざわざ来てくれたのですから。コツとしては、午前中より午後です。午前中は忙しい場合が多いので午後のほうが好まれます。ただし業種によって違うので、基本的にはヒマそうな時間を狙って下さい(笑)

 

専門的な応募先から応募する。

リクルートのような最大手でなくとも、現在は大小多数の人材開発系の会社があり、専門性の高い求人募集を集めている所があります。例えば専門職なら専門の求人サイトがあります。看護師専門、土木業専門、塾講師専門、ホテルマン専門などなど。既卒者専門の求人サイトもありました。

 

 専門性の高い求人から応募すると、何が良いのか?それは・・・

緊急性が高い!

すぐ欲しい!今欲しい!というワケです。これが大手求人雑誌や総合求人サイトの場合、とりあえず出してみる、または継続的に募集して良い人材がいれば採る、といった会社もあります。専門的な求人サイトに出している会社は緊急性が高い所が多いです。

競争相手が少ない!

フリーペーパーの求人欄や新聞の求人広告、有名な大手求人サイトは仕事を探している人なら、まず見ます。そのため競争相手が多くなる事は必然。しかし、中、小規模の専門的な求人サイトは、ぐっと競争相手は少なくなります。


Sponsored Link
トップへ戻る