転職の面接でのコツ

転職の面接のコツは、ずばり辞める理由をどう話すか。

会社

 転職の場合は、新卒や既卒とちょっと違います。

 

そして転職が若い方なのか、それともベテラン社会人かでも違ってきますが、転職のコツは、それまでの仕事で何をやってきたか、何ができて、何ができないか。

 

つまり、より細かく言える事。面接には事前の準備に時間をかけて下さい。

 

転職の理由が一番に聞かれます

転職の方へ面接官が一番知りたい事は「なぜ転職するのか?」という事です。

 

前の会社が倒産した、というような止むを得ない状況なら何も心配要らないのですが、そうでなければ会社側としては「またすぐに転職するのではないか?」という不安が常にあります。

 

どうやって相手のその不安を取り除くかがキモです。

でも、やっぱり正直に

転職する場合は、会社の倒産や結婚などの住所変更など、止むを得ない場合はストレートに話せますが、前の会社がイヤで辞めた場合、これをどこまで話すかが難しいですよね。かと言って「新しいことにチャレンジしたかったんです」なんて言おうものなら、私でも「なんでやねん!」とつっこみたくなります(笑)

 

結局のところ、これも本音を話すしかないのですが、自分が正しい!というスタンスで喋ると、意外と面接官の心象は悪いです。

 

「こういう所がどうしても気になったので、退社させていただきました。ただ、それが正しかったのかどうかは分かりません」

 

みたいなスタンスのほうが良いです。

 

問題を起こしてやめた方は

前の会社で問題を起こして、責任を取って辞めた方、これ、かなり難しいですが、起こした問題によります。

 

仕事の失敗や軽度の問題ならば、正直に話し、今はモーレツに反省している最中だとアピールしましょう。

 

人間性を疑われる問題(不倫などの男女問題、暴力など)の場合は言えないので、「職場が合わず・・・」といった形でおさめるしかないと思います。

 

「人間関係の問題で・・・」と言ってしまうと、「どのような問題ですか?」とさらにツッコまれるでしょう。

事業内容は必ず調べておく!

事業内容をプレゼンする会社員

中途採用の場合は、社会人としてもすでに経験を積んでいますので、相手の会社としては即戦力として期待されている場合が多いです。

 

必ず面接前に受ける会社の仕事内容や事業内容を調べておいて、自分の考えも2つ3つは考えていきましょう!

 

言い方のコツはアピールするのではなく、提案する時のような喋る方が好感を持たれやすいです。

 

自分のこういう経験は何か役に立てないだろうか?とか、この事業を見て、こう考えたのですがどうでしょうか?といった感じで、実際のその会社の仕事をもとに話を膨らませれば、かなり良いです!


Sponsored Link
トップへ戻る